ショップ
ブログ

【横浜店】弊社施工例の「事例別検索」作ってみました。ホームシアターの「イメージ」が湧かないお客様のお手伝いです!

横浜店 渡邉です。

さて、今回はご質問をしずらい、且つお話をお受けていてもなかなかパッと答えるのは難しい事を一つ上げたいと思います。
それは……

「ホームシアターってどうすればいいの?」

と言うご質問です。

まずは「ホームシアターにご興味をお持ちいただき、その中で弊社にお問い合わせを頂き心から御礼申し上げます」
と御礼をお伝えしたいと思います。

ただ、そんなお客様でも「ホームシアター」そのものの「イメージ」や「ビジョン」はご相談の段階ではまだ出来上っていないケースがほとんどです。
それらの疑問や問題点の集約が「ホームシアターってどうすればいいの?」と言うご質問につながります。
そこで皆様にお話をお伺いすると、ホームシアターに関する最初のご興味を頂くきっかけはYoutubeやSNS、雑誌や本でもいろいろ取り上げられている施工の記事や動画なのですが

そこでは映画館を自宅に!大画面は大迫力!イマーシブオーディオはすごい音!。などなど……。
これらの記事はホームシアターを作った「結果や利点」と「ホームシアターで過ごす時間の質」を伝えてくれ、大きな魅力を感じて頂けるケースも多いと思います。
そして、これらの情報源には「大画面プロジェクター」「ホームシアター」というシステム構築の「利点」や「結果」はたくさん出ております。
しかし、実際に「ホームシアターを作りたい」という意思をお持ちになった段階で、いろいろな記事の「結果や利点」はそれ以上の情報や経緯を記載していない事が多く、皆様大きな壁に当たります。

それは、こんな疑問になります。
ホームシアターを作りたいが、何をやっていいのかわからない。

自分の家にホームシアター作り出すイメージがわかない。
ホームシアターが出来上がったビジョンが見えない。
実際にどうやって作り出すのか手順が分からない。

実の所ほとんどのお客様は事前調査をしてくださっており、特に「ホームシアターって?」という部分でGoogleなどで「ホームシアター アバック」と入れて調べよう……という事はしていただいていらっしゃるのですが

うーん、この画面だけじゃわからない……そう思いながら写真に切り替えたりいろいろリンクをいろいろクリックして頂いて……という事前調査の行き着く先にアバックと言う名前や店舗、そして弊社の「施工例」にたどり着く方は多いと思います。
株式会社 アバック ホームシアター施工例

https://corp.avac.co.jp/contents/case/
また、調べる前に弊社へ問い合わせをいただいた場合も
「弊社に「施工例」と言うものがありますので、こちらを見てご自身のイメージを固めてください」
と言う回答を返させて頂いております。
実際、弊社施工例には様々なタイプのホームシアター事例が写真付きで掲載されており、ご自身の希望に合う形を見つけて頂けるかと思いますが、実は施工事例には「検索」を付けておりません。
これには弊社側の「時間をかけて一つ一つじっくり見て頂きたい」と言う気持ちがあるのですが、現実問題としてお客様に弊社施工例をお勧めしても後日「多すぎて全部なんか見てられないよ」というお声を頂く事も事実です。

そんな経緯から思いついたのがこの項目別検索メニューとなります。
今回はテスト版ですが弊社の施工例からいくつかのキーワードを決め、いろいろなケースを「写真」で見て頂けるようにしてみました。

用途別検索メニュー」の検索方法

下の各用途の区切りから各要素の説明文に飛び、それぞれ「事例」と書いてある所をクリックしてください。
それぞれの「事例」リンクには条件検索が入っています。

では、下記の「用途別検索メニュー」からスタートしてみてください。
お断り:テスト版につき、若干の検索誤差やシアター全体ではなくプロジェクターの写真が出てくる点はご容赦ください。

リンクをクリックしていただくと弊社の施工例からそれぞれの「事例写真」が出てきます。

イメージに合うものやプロジェクター写真の周囲の風景で気になった写真を片っ端からクリックしてみてください。

それぞれの施工例に繋がりますので、いろいろ見て頂ければと考えております。

では、ここから下はそれぞれの選択肢、と簡単な解説、それぞれの要素に分けて記載してゆきます。
全体的に見てみたい方はこちらをどうぞ。

用途別検索その1:画面の映し出し方法

ホームシアターの要素の一つ「大画面」の映し方です。
「スクリーン」か「テレビ」か「壁投射」が選択が可能です。

スクリーンの事例大型液晶テレビの事例大型有機ELの事例壁面投射の事例
専用の設計が必要なサウンドスクリーンやシネスコスクリーン、パネルスクリーンについてはもう少し下に選択を入れています
なおスクリーンを選択した場合、ロールスクリーンなどの稼働スクリーンと品質は高いが2Way不可のパネルスクリーンが候補になります。
超単焦点の場合は壁面とパネルスクリーン、一部のサイドテンションスクリーンを選ぶ事が可能です。
テレビの場合は選択後はサイズのみになりますので選択肢は液晶と有機ELですね。

スクリーンの事例 写真はマイホームシアター612120インチ7.1.4ch

テレビの事例
大型液晶テレビの事例大型有機ELの事例に分かれます。
写真はマイホームシアター401 有機EL77インチ 5.1.4CHシアター

壁面投射の事例 壁面投射の場合大きさは壁面次第ですが、壁面の材質や設置位置にはアドバイスがあった方が良いかと思います。
写真はマイホームシアター471 130インチ相当の壁面投射システム

サウンドスクリーンやシネスコスクリーンは特殊なスクリーンとなりますので、施工事例は分けて考えます。
パネルスクリーンは超多焦点での使用ケースや通常投射で品質を上げたい、テレビ代わりに常設したいなどの使用方法、そして大型スクリーンではパネルのケースが多くなりますので(おおむねサウンドスクリーンが重なります)など様々な使い方がありますのでケースバイケースです。こちらも施工事例を分けております。
サウンドスクリーンの施工事例シネスコスクリーンの施工事例パネルスクリーンの施工事例
写真はマイホームシアター200(シネスコ・サウンドスクリーン200インチ)

用途別検索その2:画面の大きさによる分類

こちらはスクリーンサイズによる分類です。
今回は100-120インチまでの通常サイズ、130-150までの中から大型サイズ、そして160インチ以上の専用室前提の大型スクリーンの3分類にしています。
サイズ
100インチスクリーン施工例110インチスクリーン施工例施工例120インチスクリーン施工例
130インチスクリーン施工例140インチスクリーン施工例150インチスクリーン施工例
160インチスクリーン施工例170インチスクリーン施工例180インチスクリーン施工例
190インチスクリーン施工例200インチスクリーン施工例

それぞれの「スクリーンサイズ施工例」をクリックしてみてください。

※スクリーンサイズ別 通常サイズ 120インチまで、写真はマイホームシアター391(100インチ)
サイズ:100インチスクリーン施工例110インチスクリーン施工例施工例120インチスクリーン施工例



スクリーンサイズ別:中型~スクリーン 150インチまで、
写真マイホームシアター672 130インチシアター
130インチスクリーン施工例140インチスクリーン施工例150インチスクリーン施工例


スクリーンサイズ別:大型スクリーン 160インチ以上
写真はマイホームシアター570 180インチ 7.2.4CHマルチスピーカーシアター
160インチスクリーン施工例170インチスクリーン施工例180インチスクリーン施工例
190インチスクリーン施工例200インチスクリーン施工例

用途別検索その3:スピーカー構成システム別の分類

こちらの分類方法ではスピーカーの「置き方」で分類をしています。
天井埋め込みスピーカー施工事例 壁埋め込みスピーカー施工事例天井吊りスピーカーの施工事例
所謂置きスピーカーは事例がたくさんありますので、それ以外の埋め込み、壁面埋め込み、天井吊りなどの設置方法で選択肢を作りました。
このようなケースでは「床に何も置きたくない」「子供がいるので」「スピーカーの存在をできるだけ見せたくない」などのお考えがあるようです。
音の良さは置き設置、壁面埋め込みなど高さとして耳の高さに近い置き方が音質や品質が良くなり、高さの変わる天井吊り設置は角度を付けられるので次点、上からの音になる天井埋め込みの順で音のフォーカスやクオリティが下がり、部屋全体への広がりは増します。
壁面埋め込みの場合、スクリーン裏への設置が可能となりサウンドスクリーンの併用などが考えられます。こちら


天井埋め込みスピーカー施工事例、写真はマイホームシアター376 5.1.2CH埋め込みスピーカーシアター


壁埋め込みスピーカー施工事例
写真はマイホームシアター441 120インチサウンドスクリーン 5.1.4ch2Wayシアター


天井吊りスピーカーの施工事例 写真はマイホームシアター317 5.1.4CH120インチシアター
天吊り・埋め込みなどについてはこちらのブログもご参照下さい。
【横浜店】天吊り・壁掛けスピーカーってどうですか?2021(2021.9.25Youtube等追加)
https://corp.avac.co.jp/shopblog/archives/yokohama/202100807

用途別検索その4:設置を行うお部屋の種類別の分類

こちらにについては通常の家屋はほかの事例で賄えますのでそれ以外で選択肢を示しています。
地下室の事例専用室の事例、マンションの事例

写真はマンションの事例:マイホームシアター523 120インチ5.1.2CHシアター
地下室・専用室は基本的に新築ベースか大掛かりな工事を行う既存家屋、マンションの場合は所有形態や管理組合とのお話次第で「どこまで手を付けていいのか」と言う問題が発生します。
防音については特殊になりますので先にこちらの専用ページを参照してください。

用途別検索その5:サウンドシステム別の検索

こちらはサウンドシステム別の検索、所謂スピーカーの本数と言う事になります。
5.1.2CH5.1.4CH 7.1.4CH 7.1.6CH 4.0.4CH(オーディオベース)
アクティブスピーカー
ここ最近のシステムのほとんどは5.1chベースに上のスピーカーが追加イマーシブサウンドが基本となりますので、5.1.2ch以上を対象としています。
オーディオ系の方で多いフロント2chにサラウンドなどを増やした4.0ベースのシステムも入れております。

写真はマイホームシアター533 130インチ7.1.6chATOMSシアター
5.1.2CH5.1.4CH 7.1.4CH 7.1.6CH 4.0.4CH(オーディオベース)
アクティブスピーカー
StormAudioなど特殊なものについては別途お問い合わせです。

用途別検索その6:プロジェクターのメーカーによる分類

施工事例の場合は比較的日本製メーカーが中心になります。
VICTOR・JVC(現行形状)のシアターはこちらSONYの施工例はこちら
そこで、今回は日本のメーカーであるVICTOR・JVC、SONY、そしてEPSONの3メーカーで条件を付けています。
数は少ないのですが:BENQ,XGIMIもこちらにリンクを貼っておきます。

VICTOR・JVC(現行形状)のシアターはこちら
現行機のDLA-V系の機種で施工した事例となります。
現在の機材はレーサー光、上位機種は8Kまで対応したハイエンド機種となっています。
写真はマイホームシアター582

SONYの施工例はこちら
SONYの場合、現行機はリアル4Kのレーザー搭載機種のみ、両機種ともに受けた映像をありのまま映し出す「テレビ」をそのまま大型化したスタンスの機材です。
写真はマイホームシアター189

EPSONの施工例はこちら
EPSONの場合、上位機種は疑似4Kレーザー搭載モデル、超単焦点、中位モデル、下位モデルは商品によって異なります。
写真はマイホームシアター441

 超単焦点プロジェクターの施工例はこちら。
超単焦点プロジェクターは各メーカーから販売されております。
基本的な設置方法は変わりませんが、一部機種は天井吊りも可能です。
写真はマイホームシアター531

今回はおおむねこのような分類をさせて頂き、皆様のイメージ構築の助けになれば幸いです。
まだまだ発展途上なので、ご要望などありましたらお申し出ください。
このブログは続編として「お店の相談」編を考えております。

では、ご連絡・ご相談をお待ちしております。

******************************************************
弊社は2023年8月25日をもちまして創業40周年を迎えることができました。
この節目を迎えることができましたのも、これまでご愛顧いただいた皆様からの
多大なるご支援の賜物であり、ここに改めて深く感謝と御礼を申し上げます。

ハイエンドヘッドホンに特化した試聴型セレクトショップ「ヘッドホン横浜店」OPEN。

展示機器は下記リンクからご確認ください。
アバックヘッドホン横浜店|ホームシアターとオーディオの専門店 – 株式会社アバック (avac.co.jp)
圧倒的遮音性、静粛性を備えるだけでなく、調音を施した業界初のルームインルーム視聴室で、
国内外にわたる人気ヘッドホンブランドのトップエンドモデルの性能を余すことなくご体感頂けます。

完全ご予約制となっておりますので、下記バナーよりお申込みください。

アバックは いつでも「下取り」でのお買い物がお得です!!
【詳細はこちらをご覧ください】

下取をご利用でのご購入なら年中お得! 
Audio & Visual製品の下取り査定額をいつでも最大30%UPでお引き取り致します!
お目当ての製品も下取り交換でのご購入なら大変お得にお求めいただけます。
【特典①】下取査定を通常査定額より20%UP!!アイキャッチ画像を設定
【特典②】当社購入の下取品の場合、査定額が更に10%UP!!

株式会社アバック横浜店
https://corp.avac.co.jp/contents/shop/yokohama.html
ホームシアター施工例 https://corp.avac.co.jp/blog/
〒231-0033 神奈川県横浜市中区長者町3-8-13 TK関内プラザ1F
TEL  :045-228-9881
メール:yokohama@avac.co.jp
******************************************************
#ぎらぎらほしまち

 

関連記事一覧

最新記事