お部屋が映画館

お部屋が映画館

いったい、どうしたらいいの?

映画や音楽を、自宅で心行くまで楽しめる憧れのホームシアター!プロジェクターやディスプレイ、サラウンド方式も年々進化を遂げ、今や成熟期を迎えつつあります。

しかし、いざホームシアターを導入しようとなると「何から始めればいいんだろう?」という具合に、クエスチョンマークが浮かんできませんか?ホームシアターは一般の家電製品にくらべて多少の専門知識を要するため、疑問に思う部分が出てくるのも当然のことかもしれません。

  • 何から手をつけていいかわからない
  • 自分の部屋でホームシアターができるのだろうか?
  • 一体どのくらいの予算が必要なの?
  • 映画は大好きだけど、AV機器の事はよくわからない・・・

などなど、漠然と考えているとわからない事は多いもの。

このサイトではそんな多くのお客様に向けて、弊社<株式会社アバック>がこれまで培ってきたホームシアターに関するノウハウを多数ご紹介しており、皆様のホームシアター作りに向けた少なからずのお手伝いができればと考えております。

ホームシアターとは

ホームシアター(米home theater、英home cinema)は、家庭 (home) に大画面テレビやマルチチャンネルスピーカーなどを設置し、まるで小型の映画館 (theater) であるかのように設備を組むことである。 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

ウィキペディアでは冒頭の説明文でこのように記載されているホームシアター。一般的には大型テレビやプロジェクターとスクリーンを用いた80inchを超える大画面と、AVアンプと5.1ch以上のスピーカーによるサラウンド再生が組み合わさったスタイルが主流です。

また、近年ではAVアンプやユニバーサルプレーヤーに優れたファイル再生機能が導入され、Blu-RayやDVD、CD以外にも様々な音源を再生できるようになっており、より目的や環境にあわせたホームシアタースタイル選択が可能になりました。

日本ではリビング兼用のシアタールーム「リビングシアター」と、映画に集中できるようなシンプルでソリッドな専用ルームが人気です。一方海外、特に北米では部屋の装飾にもこだわり、細部に至るまで映画館を再現するようなシアタールームが主流になっており、近年は日本でもこのような劇場型シアタールームの導入例が増えています。

国内最大級のホームシアター専門店「アバック」におまかせを!

当社は当社は北海道、埼玉、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、鳥取、福岡、沖縄に13店舗を構え、30年以上にわたり日本全国にホームシアターを提供し続けてまいりました。

ビギナーのお客様には、おまかせいただければ最適のホームシアタープランをご提案いたします。ご予算に応じた機種の選定、必要なケーブル類の確認、設置場所など、ご意見やご希望をうかがいながらお客様のホームシアター作りをサポートします。

マニアのお客様であれば各機器の相性、ライバル機との画質・音質の差など、気になるポイントがいくつもあるかと思います。それら一つ一つの疑問にも長年の経験から導いた具体的な言葉でしっかりとお答えしてまいります。

また、当社の専門スタッフのホームシアターに関する知識は業界でも一目置かれる存在であり、商品開発の際にはメーカーに意見を求められる事もあるほどです。自主的な勉強会も頻繁に行われており、各店舗間の情報共有にも務めています。

私共アバックはホームシアター機器の販売をはじめ、天井や壁面への機材取り付け、ケーブル類の配線・接続と引き回し、画質・音質の最適化、プログラムリモコンの設定、更にはお部屋のシアターリフォームから完全防音室の設計施工まで、実際にホームシアターを稼動させるのに必要な機材の販売や作業のほとんどを承る事ができる数少ない企業の一つです。

また、これまで手掛けてきたホームシアターの設計・施行件数は既に4,600件を超え(2019年11月時点)、日本におけるホームシアターシーンの牽引役を担う販売店として広く認知されています。

初心者の方からヘビーユーザー、マニアまで、お客様がご納得いただけるホームシアター作りを目指して、スタッフが責任をもってサポートしてまいります。

ぜひアバックと共に、「夢のホームシアター」を実現して下さい!

ホームシアター無料相談フォーム

防音設計 シアター用

ホームシアターやオーディオは、できる事なら好みの音量で楽しみたいものです。 ところが、地下室でもない限り24時間いつでも大きな音量を出せる家というのは殆ど無いのではないでしょうか? アバックでは近隣や家族に迷惑をかけず、自分好みの音量で思いっきり映画や音楽を楽しめる「防音室」作りのお手伝いをしています。ホームシアター、オーディオルームに限らず、ピアノ室、ドラム室などの音楽室の設計施工もお受けしており、施工方法も簡易防音から本格防音、更には調音まで幅広く対応しております。