最新情報

マイ ホームシアター129

120インチ 7.1ch 2ウェイリビングシアター (新築・リビング)

大阪府河内長野市 F様邸

担当:岡田(ホームシアター千里店

インストール:岡田(ホームシアター千里店

バナー

間取りをフルに使う形で120インチスクリーンの大画面を選択致しました。
リビングとダイニングにまたがって機材を取り付けており、出来る限り露出を押さえております。
スクリーンは造作ボックス内、フロントスピーカーは造作ラック内、プロジェクターは昇降機を利用することで、三井ホーム様のお部屋のデザインを損なうことなく機器関係を収納する事ができました。
リビングの天井は吹き抜けになっていますので、リアスピーカーもデザイン性重視のスピ―カーを取り入れています。
テレビとスクリーンの2面をライフスタイルに合わせて選択できます。

建築タイプ 戸建住宅
部屋の形状 リビングルーム
スクリーンサイズ 電動120インチ16:9スクリーン
サラウンド数 7.1チャンネル

機材リスト

プロジェクター :EPSON  EH-TW8200

昇降機:CAV HT-70

スクリーン : UNISONIC LTW120MWA

AVアンプ : INTEGRA DTR30.4

ブルーレイプレイヤー : PANASONIC DMR-BZT665

フロントスピーカー : ECLIPSE TD508MK3WH

センタースピーカー : ECLIPSE TD508MK3WH

サラウンド、サラウンドバック : ECLIPSE TD307MK2AWH

サブウーハー : ONKYO SLD501D

TV :SHARP LC-60B5

スクリーンは壁掛けのテレビをかわせるようにスクリーンBOXを造作し設置いたしました。
下からのぞき込まない限り、正面から見た際はまったくスクリーンは見えない状態となっております。

リビングの天井が吹き抜けの為、昇降機はダイニングにまたがって取付されております。
(写真は昇降機を降ろした状態になります。)
リアのスピーカー関係は、壁面の照明とのバランスを考えて設置されています。
お部屋のデザインを損なわないように配慮しました。

造作ラックは機器やケーブル関係が見えないように設計されています。
スピーカーの音やAV機器のリモコン赤外線に影響が出ないように、ラックの扉にはサランネットを張って仕上げてあります。
導入前の綿密な打ち合わせによって、理想的なホームシアターが完成いたしました。

今回の様なデザイン性の高いリビングでもホームシアターの導入は可能となっております。
ご検討中のお客様、お気軽にアバック各店へお問合せ下さいませ。
お待ちしております。

お問い合わせ:梅田店

 

ホームシアター無料相談フォーム

 

関連記事一覧

ホームシアター施工例【厳選版】

最新施工例記事