最新情報

マイ ホームシアター117

120インチ 7.1.4ch ATMOSシアター (既存・専用室)

東京都 K様邸

担当:松本(秋葉原本店

インストール:栗原(CSC

バナー

2012年のご新築時にホームシアターシステムを導入頂いたK様。
今回、DOLBY ATMOSに対応するシステムにリ・シアターいたしました。
新築時のシアター導入時からミラーボールやDJシステム等が入った斬新なシアタールームが特徴的でした。
導入時にDTS-Xのフルスペック対応が出来るようにフロントハイ・フロントワイドを設置いたしました。
今回導入したAVアンプ「Pioneer SC-LX89」は、外部パワーアンプを用いてフロントワイドをATMOS用スピーカーとして使用が可能となります。
今回も、先を見据えたインストールが光るインストールとなりました。

建築タイプ 戸建住宅
部屋の形状 専用ルーム
スクリーンサイズ 120インチ サウンドパネルスクリーン
サラウンド数 7.1.4チャンネル

機材リスト

プロジェクター : JVC DLA-X70R

スクリーン : EASTON E2SPA120H02

AVアンプ : Pioneer SC-LX89

2CHパワーアンプ : Integra ADM30.1

ブルーレイプレイヤー : SONY PS3

フロントスピーカー : JBL 4312E

センタースピーカー : JBL 4312E

サラウンド、サラウンドバック : JBL 4312M2BK

フロントハイ、フロントワイド : JBL 4312M2BK

サブウーハー : ECLIPSE TD725SWMK2

TV : お客様所有機器

天井にミラーボールが設置されている斬新なシアタールーム。
フロント・センタースピーカーはサウンドスクリーンの後ろに設置されています。
スクリーン上部にフロントハイ、スクリーンの両サイドにはフロントワイドが設置されております。
全てJBL製品で統一されたアメリカンサウンドが楽しめます。
ソファー・テーブルもアンティーク調で統一されておりまして、すごく落ち着いたインテリアになっております。

こちらがフロントハイに使用している「JBL 4312M2BK」。
今回のリ・シアター時にスポンジを追加して音質の調整を行っております。

こちらがサウンドスクリーンを取り外した状態になります。
全てのツィーターの位置を、ソファーに座った際の耳の位置に揃えて設置されています。

こちらが機材を収納してあるスペース。
普段は機材の存在が全く分からないようになっています。
奥側がフロントワイド、手前がサラウンドスピーカーになります。
こちらもJBL製品で統一し、高さも耳の位置に合わせて設置されています。

アンティーク感のある落ち着いた部屋かと思いきや!!!
機材を収納してあるスペースの上を開けると、近未来的なDJスペースが現れます。
この写真では赤色の光なのですが、青色でも光っておりました。
この光がミラーボールに反射して、今まで体験したことのないシアター空間となります。

施主様の趣味に合わせたシアタールームのインストールもお任せ下さい。
お気軽にお近くのアバック各店へご相談にご来店下さいませ。
お待ちしております。

お問い合わせ:新宿本店

 

ホームシアター無料相談フォーム

 
 

関連記事一覧

ホームシアター施工例【厳選版】

最新施工例記事