ショップ
ブログ

【横浜店】XGIMI HORIZON Ultra 噂のDolbyvision対応機、展示開始しました!

横浜店 渡邉です。

先日より今年最後のセール『2023AUDIO VISUALウィンターコレクション』が始まりました!

『2023AUDIO VISUALウィンターコレクション』
https://corp.avac.co.jp/auviwinter_2023
下取り価格にプラスが生じる機材がございます。
お問い合わせください。

では、本題です。

さて、今回は新規導入機材「XGIMI HORIZON Ultra」の速報ご紹介です。

XGIMI Horizon Ultra
https://jp.xgimi.com/pages/horizon-ultra
機材そのものは2300lm、トリプルレーザー、HDR10、HLGへの対応、そしてDolby Visionへの対応と話題性も大きな機材です。

まずは開封動画。

まずは外観。

かなり豪華な箱がドンと出てきます。

本体はかなりコンパクトで、比較されがちなJMGO N1 Ultraと比較すると概ね同じぐらい。
N1はジンバルを使う事でいろいろな方向への投射が出来ましたが、比較的シンプルなデザインに対してHorizon Ultraは本体の質感が落ち着いたものになり高級感は一回り上です。
ただ、相変わらずと言えばいいのかACアダプターは大きいですね。
画角やフォーカスははある程度自動で行います。

スピーカー部分もネットなっておりレンズはカバー……あ、電動だ!
発色はN1 ultraが表示する有機ELっぽいビビットな色合いではなく、すこし落ち着いた発色です。

どちらかと言えば色は浅めで液晶テレビの様な明るさが前に出てくる絵作りです。
そしてこの機材の位置んの特徴「Dolby Vision」への対応ですが……。
実は、DolbyVisionの設定項目の中に画面ゲインと画面サイズを設定する項目がありました。
ここから推測されることはXGIMI HORIZON ULTRAは本体の投射距離、サイズによる光量や発色などの性能をデータベース化しており、スクリーンサイズとスクリーンのゲインに合わせ(これでプロジェクターの性能は固定します)Dolby Vison信号を受けた段階で本体に内蔵された光学的な部分、ダイナミックアイリス、そしてダイナミックカラー調整モジュールと3種類の調整項目を用い、可能な範な範囲でレーザー光出やガンマ等を変化させて対応と言う事になるのだと思います。
(追記:本体正面のセンサーを用いてリアルタイムに計測もしているようです)
これはVictorの様にフレーム単位で解析しガンマ等の調整する「Frame Adapt HDR」とは根本的に違うものです。
また、Dplby VISION信号を受信時はモードを「テレビ」で固定されますので、Dolbyvisionである事を優先するようになっております。
実際に出力される絵は完全にテレビの画と言う事になります。

とは言え、レンズ部分も含め固定焦点である事を逆手に取り、JMGO N1 ultra程のパワーは感じませんが、精細感は同じクラスのプロジェクターとは一線を画す品質になります。
開封動画でもご覧いただいた通り、基本システムは最近おなじみのAndoroidTVでNETFLIX以外は単独で対応可能です。
投射焦点などはいわゆる「中焦点」の機材と変わりませんので、既存の機種からの以降も問題はないと思われます。

背面は有線LAN、USBが2つ、HDMIが2系統(うち1個はARC)SPDIF(光端子)Audio(ピンプラグ)そして電源です。
JMGO N1 Ultraとの比較と言うお声も多いので、こちらは後日比較してみようと思っております。
実機の展示はすでに開始しておりますが、機材の性格的に準備などありますので、ご来訪前に一報入れて頂ければ幸いです。

では、ご連絡・ご来訪をお待ちしております。

******************************************************
弊社は2023年8月25日をもちまして創業40周年を迎えることができました。
この節目を迎えることができましたのも、これまでご愛顧いただいた皆様からの
多大なるご支援の賜物であり、ここに改めて深く感謝と御礼を申し上げます。

ハイエンドヘッドホンに特化した試聴型セレクトショップ「ヘッドホン横浜店」OPEN。

展示機器は下記リンクからご確認ください。
アバックヘッドホン横浜店|ホームシアターとオーディオの専門店 – 株式会社アバック (avac.co.jp)
圧倒的遮音性、静粛性を備えるだけでなく、調音を施した業界初のルームインルーム視聴室で、
国内外にわたる人気ヘッドホンブランドのトップエンドモデルの性能を余すことなくご体感頂けます。

完全ご予約制となっておりますので、下記バナーよりお申込みください。

アバックは いつでも「下取り」でのお買い物がお得です!!
【詳細はこちらをご覧ください】

下取をご利用でのご購入なら年中お得! 
Audio & Visual製品の下取り査定額をいつでも最大30%UPでお引き取り致します!
お目当ての製品も下取り交換でのご購入なら大変お得にお求めいただけます。
【特典①】下取査定を通常査定額より20%UP!!アイキャッチ画像を設定
【特典②】当社購入の下取品の場合、査定額が更に10%UP!!

株式会社アバック横浜店
https://corp.avac.co.jp/contents/shop/yokohama.html
ホームシアター施工例 https://corp.avac.co.jp/blog/
〒231-0033 神奈川県横浜市中区長者町3-8-13 TK関内プラザ1F
TEL  :045-228-9881
メール:yokohama@avac.co.jp
******************************************************

 

 

関連記事一覧

最新記事