最新情報

マイホームシアター460

200インチ 5.1.4ch ATMOSシアター(新築・リビング)

岐阜県S様邸

担当:明石(名古屋店

インストール:明石(名古屋店

 

施主様の「壁一面をスクリーンにしたい」というご要望からスタートしたホームシアターインストール物件です。途中、計画の変更などもありながら、最終的にスクリーンサイズ200インチでの完成となりました。フロントスピーカーが高さ約910mmですので、その巨大さがお分かりいただけるのではないでしょうか?施主様はもちろん、関係者一同「大きい!」と笑顔になったシアターです。もちろん画面の大きさだけでなく、4K&ドルビーアトモスサラウンドといった今のトレンドに対応しています。他にも光ファイバーによる「星空天井」や、調色可能な照明の導入など、施主様の夢とこだわりの詰まったホームシアターが完成致しました。

 

建築タイプ 戸建住宅
部屋の形状 リビングルーム
スクリーンサイズ 200インチ電動スクリーン
サラウンド数 5.1.4c1


機材リスト

プロジェクター:JVC/DLA-V9R

スクリーン:KIKUCHI/TGE-200HDW

AVアンプ:DENON/AVR-X4500H

UHDプレイヤー:SONY/UBP-X800M2

フロントスピーカー:MONITOR AUDIO/BRONZE200-6G

センタースピーカー:MONITOR AUDIO/BRONZE C150-6G

サラウンド:UNISONIC/AHT-525IW

トップフロント:UNISONIC/AHT-525IW

トップリヤ:UNISONIC/AHT-525IW

サブウーハー:MONITOR AUDIO/BRONZE W10-6G

 

プロジェクターはこのインチサイズにおける輝度、画質を考慮して選定致しました。

DLA-V9R は、レンズサイズが大きくシフト幅も大きいため、今回のような高い天井高での設置にも有利です。

将来性も考慮し、KIKUCHIユニバーサル金具を採用しています。

スクリーンケースは天井掘り込み内へ収納するかたちをとりました。間接照明、壁掛けテレビを避けるスペースも計算したうえで設計しています。

広い天井の開放感を損なわないように、リアサラウンド2本、トップスピーカー4本は、すべて埋め込みで。

視聴位置とエアコン位置を考慮して、レイウトしています。

前方からの見た目が白いスピーカーがご希望ということで、メインスピーカーは、MONITOR AUDIO BRONZE-6Gシリーズをご選択いただきました。このシリーズのホワイトは、前面ややグレーがかったツートンホワイトですが、床の石材の模様とうまくマッチしています。

機材は部屋横に造作棚を作成して収納。リモコン透過扉を採用し、裏のお部屋から棚背面へアクセス出来るようにもなっています。

リビングのサラウンドシアターシステムのほか、

寝室にも壁掛テレビと2本の埋め込みスピーカーを設置。アンプは、

ミュージックストリーマー POWERNODE2i

ARC対応で、テレビやストリーミングサービスの音を、スマホやタブレットのコントロールで聴くことが出来ます。寝室とリビングで、同じ曲を流したり、別々の曲を流したりも。

マルチルームオーディオもぜひアバックにご相談ください。

壁掛けテレビも85インチという大サイズですが、この大迫力のスクリーンを見てしまうと、サイズの感覚がおかしくなってきますね。

豊富な施工実績を持つアバックなら、施主様の様々なご要望に応じたご提案が可能です。ホームシアターのご計画は、是非お近くのアバック各店までお気軽にご相談ください。

■お問い合わせ:アバック名古屋店

ホームシアター無料相談フォーム

関連記事一覧

ホームシアター施工例【厳選版】

最新施工例記事