最新情報

マイ ホームシアター105

80インチ 5.1.4CHシアター(新築・専用室)

相模原市 A様邸

担当:渡邉(横浜店

インストール:栗原(CSC

バナー

元々屋根裏スペースも居住空間として使用できる新築のお建物なのですが、そのスペースをそのままシアター専用ルームとして構築しました。
スペース的には少し特殊なケースですが、お客様のご希望を最大限反映しつつ、インストーラーと営業で協議した結果、屋根の傾斜や柱の配置から5.1.CH、トップスピーカー4つの構成でテレビ併用の80インチスクリーンの構成で完成しております。
とてもおしゃれなお部屋になりました。
通常のお部屋構成でなくてもホームシアターの構築は可能です。
まずはお気軽にお問合せご相談くださいませ。

建築タイプ 戸建住宅
部屋の形状 専用ルーム
スクリーンサイズ 80インチスクリーン
サラウンド数 5.1.4チャンネル

機材リスト

プロジェクター:EPSON EH-TW8200

スクリーン:オーエス+e SEP080HWWF203

AVアンプ:YAMAHA RX-A2050

ブルーレイプレイヤー:Panasonic DMR-BRZ1000

フロントスピーカー:Unisonic AHT-250F

センタースピーカー:Unisonic AHT-20C

サラウンド、サラウンドバック、フロントハイ:Unisonic AHT525IW(埋め込み型)

サブウーハー : Unisonic AHT-80S

TV:日立 37インチ

液晶テレビの前にスクリーンを格納しています。
この場合、垂れ壁の幅からスピーカー幅を引いた形が横幅の最大になりますが、16:9のスクリーンの立幅を考慮しなくてはなりません。
あまりスクリーンが下に回るとテレビとの視聴位置が変化してしまい、見づらくなってしまいます。
ここはインストーラーによる精密な計算が重要となっきます。
今回は、インストーラー栗原の実力がフルに発揮されたお部屋となっております。

こちらはプロジェクター側になります。
スピーカーの位置が若干変則的ですが、アンプで補える範囲です。
天井傾斜の関係からプロジェクターのポールを長めに設定しています。
このポールは約400mmの特注仕様になります。

テレビとスクリーンの配置位置関係の写真になります。
ご覧のようにかなりギリギリです。
インストーラーを交えて頂き計算を行えば、最大限のシステムを楽しんでいただくことが可能です。
お早目の相談を頂ければ幸いです。

お問い合わせ:横浜店

 

ホームシアター無料相談フォーム

 
 

関連記事一覧

ホームシアター施工例【厳選版】

最新施工例記事