L-507Z

L-507Z LUXMAN [ラックスマン] プリメインアンプ

プリメインアンプ

L-507Z
LUXMAN [ラックスマン]

希望小売価格:693,000円 (税込)

【展示店舗】
Classic福岡店

■ 関連ブログ

■ YouTube動画


ラックスマンは、プリメインアンプの最新モデル L-507Z を 2021年10⽉に発売いたします。
L-507Z は、2010年に発売を開始したプリメインアンプ Xシリーズの増幅回路の⼼臓部ODNFを⼀新。 最新の⾼⾳質・増幅帰還エンジン ”LIFES” を、8⽉に発表したばかりのステレオ・パワーアンプのフラグシップ M-10X に次いで搭載した、Zシリーズの幕開けを飾るモデルです。
また、現代の⾳楽リスナーに必要とされるアンプ製品の利便性をさらに充実させるため、リスニングポジションから⾳量を確認しやすい7セグメントLEDによる⾳量レベル表⽰や、グラウンド配線左右独⽴のΦ4.4㎜ヘッドフォン出⼒端⼦の新設、他のオーディオ機器との電源連動を可能にするトリガー⼊出⼒端⼦、ごく近い将来に⾚外線以外のリモート操作にも対応を拡張する外部コントロール端⼦の装備など、2025年に創業100周年を迎えるラックスマンが、洗練された⼀体型アンプとしての新しいスタイルを徹底的に研究し具現化したモデルです。
1台で多機能をまかなうコンポーネントが持つ⾼いユーティリティ性。 そして新開発の ”LIFES” による⼒強く豊かな⾳楽性。 これらを理想的なバランスで両⽴したプリメインアンプ Zシリーズのファーストモデル L-507Z が、クラスを⼤きく超える進化を遂げて、ついに登場します。
※ ODNFは、1999年に初めて採⽤された増幅帰還回路 Only Distortion Negative Feedback の略称です。
※ LIFESは、次世代オーディオアンプ⽤の増幅帰還エンジンとして開発された Luxman Integrated Feedback Engine System の略称です。

特徴

〇 デザイン・外装
・ ⾼応答特性のメーターユニットを採⽤した⽩⾊LED照明付き針式アナログメーター
・ 左右⼤型メーターの中⼼に配置された視認性に優れる⾳量レベル表⽰⽤7セグメントLED(消灯可)
・ ブラスターホワイト仕上げの極厚フロントパネルと精緻なアルミ・ヘアライン仕上げのトップパネル
〇 電気回路・機能
・ ODNFに代わるラックスマン独⾃の新・増幅帰還エンジン LIFES 1.0 搭載 (フラグシップ・ステレオパワーアンプM-10Xに次いで新採⽤)
・ 3段ダーリントン3パラレル・プッシュプル構成によるハイパワー220W+220W(4Ω)の定格出⼒
・ ⾳量調節時の⾳質劣化を最⼩限に抑える88ステップの電⼦制御アッテネーター新LECUA1000
・ プリアンプの出⼒部には次段に接続されるパワーアンプを強⼒にドライブするディスクリート・バッファー回路搭載
・ ⾼レギュレーションの電源トランスと⼤容量コンデンサー(10,000μF×8本)を組み合わせたハイイナーシャ(⾼慣性)電源
・ 電⼦制御のバス/トレブル式トーンコントロールとLECUAによって制御されるLRバランス調節機能
・ 専⽤のフォノイコライザーアンプを買い⾜すことなくハイグレードなアナログレコード再⽣を楽しめるMM/MC対応の新開発フォノイコライザーアンプ回路
・ パワーアンプを追加したバイアンプ構成やAVシステムとの共存も可能にするプリパワー分離(セパレート)機能
・ ⾳量ノブを操作せず⼀時的に⾳量を抑えるために本体に新設されたミュートボタン (リモコンでも操作可能)
・ 優れたスピーカードライバビリティをサポートする低抵抗値の⼤型スピーカーリレー(パラレル構成)とスピーカー端⼦へのダイレクト配線
・ 伝送される⾳声信号を最適最短のルートで構成するビーライン・コンストラクション / スムーズな電流伝送を実現するラウンドパターン配線基板
・ 各芯スパイラルラップ・シールドと芯線の⾮メッキ処理で⾃然な信号伝送を実現する独⾃のOFCワイヤーによる内部配線
〇 機構・付属装置
・ シャーシ電流によるアース・インピーダンスの上昇や発⽣磁界の影響を隔絶する独⽴コンストラクションのループレスシャーシ構造
・ 銅と同等の導電率と真鍮に匹敵する硬度を併せ持ったカッパーアロイ製のRCA⼊⼒端⼦(LINE-1)
・ ⼤型のプラグを装着した⾼⾳質ケーブルにも対応する18mmピッチのRCA⼊出⼒端⼦ (LINE-1のみ20mmピッチ)
・ 極太のケーブルも装着しやすくYラグやバナナ端⼦にも対応したインライン(LR同⼀特性)レイアウトのスピーカー端⼦(A,B2系統)
・ Φ6.3mmの標準端⼦に加えLRセパレーションを⼤きく改善するグラウンド配線左右独⽴のΦ4.4㎜端⼦を新設したヘッドフォン出⼒
・ 装着⽅向を変更し端⼦全体でケーブルの重量をサポート可能とした⾦メッキ仕上げのACインレット
・ 微⼩レベルのデリケートな⾳楽信号を不要な振動から守る⼤型のグラデーション鋳鉄製レッグ
・ 対応する機器間のリモコン信号を連携し将来的に他の無線装置によるリモート操作にも対応を拡張するコントロール⼊出⼒端⼦の新設
・ 対応する機器間の電源連動を可能とする新たなトリガー⼊出⼒端⼦の装備 (3.5mm モノラルジャック/デイジーチェーンも可能)
・ CDプレーヤーの操作も可能なアルミ製⾼級リモコン (1996年以降に発売された主なラックスマン製CDプレーヤーに対応)
・ 従来より導体を太くしながら取り回しの良いスリムタイプに進化したノンツイスト構造の新・電源ケーブルJPA-10000i

仕様

○ 定格出⼒ 110W+110W(8Ω)、220W+220W(4Ω)
○ ⼊⼒、セパレート⼊出⼒ ライン4系統、フォノ1系統(MM/MC切替)、バランス・ライン2系統、セパレート⼊出⼒1系統
○ スピーカー出⼒ A、B2系統 (AB同時出⼒可能)
○ 増幅回路、出⼒構成 LIFES 1.0、バイポーラ・3パラレル・プッシュプル
○ ⼊⼒感度/⼊⼒インピーダンス PHONO(MM): 2.5mV / 47kΩ、PHONO(MC): 0.3mV / 100Ω、LINE: 180mV / 47kΩ
○ 全⾼調波歪率 0.007%以下(1kHz/8Ω)、0.03%以下(20Hz〜20kHz/8Ω)
○ S/N⽐、周波数特性 LINE: 105dB以上、20Hz〜100kHz(+0、-3.0dB)
○ 付属装置
[フロントパネル部] 電源スイッチ、⼊⼒セレクター、⾳量ボリューム、ヘッドフォンジャック(Φ6.3/Φ4.4mm)、スピーカーセレクター(OFF/A/B/A+B)、トーンコントロール(BASS/TREBLE)、LR バランス、LR メーター、⾳量レベル LED、セパレート、カートリッジ(MM/MC)、ラインストレート、ミュート、リモコン受光部
[リモコンでのみ操作可] サブソニック、モノラル、ラウドネス、メーター
[リアパネル部] ⼊出⼒端⼦、グラウンド端⼦、バランス位相切替、トリガー端⼦、コントロール端⼦、AC インレット
○ 消費電⼒ 300W(電気⽤品安全法)、86W(無⼊⼒時)、0.4W(スタンバイ時)
○ 最⼤外形⼨法、質量 440 (W)×178 (H)×454(前⾯ノブ20、背⾯端⼦27含む) (D) mm、25.4kg(本体)
○ 付属品 リモコン(RA-17A)、電源ケーブル(JPA-10000i︓極性マーク付)

※ Φ4.4mmヘッドフォン出⼒はアンバランス・アンプによるグラウンド分離接続です。対応ヘッドフォンで左右の(-)信号を独⽴配線した⾼いセパレーション性能のリスニングが楽しめます。
※ 本製品にはラインケーブル類は付属しておりません。別途お買い求めください。

最新記事