ショップ
ブログ

【沖縄店】B&W「804D4 (B)」常設展示開始!


こんにちは、沖縄のオーディオショップ「アバック沖縄店」です。

皆さまお待たせ致しました!B&Wさんの最新スピーカー「800D4」シリーズより、トールボーイスピーカー「804D4(B)」をアバック沖縄店にて常設展示を開始しました!
開封の風景等も撮っていこうかと思いついたのはここまで開梱した後でした。申し訳ございません。
さて、白いシートをめくって御開帳と行きましょう。
神々しい御姿です。御開帳とは、お寺さんの普段は閉じている扉を開いて中の仏像や秘仏を公開することだそうです。さぁ、拝んで下さい。
ノーチラスチューブのアップです。
頭の天辺には革が張られていてオシャレになりました。チューブはアルミ削り出しの質感を活かした仕上げになっています。
そして、これが今回のモデルチェンジのミソかもしれないアルミ製のバックパネルです。
「800D3」シリーズでは「803D3」から上のモデルにしか搭載されていませんでしたが、「800D4」シリーズからすべてのステレオスピーカーに装備されました。
このバックパネルにネットワークが固定されているらしくヒートシンクの代わりになってくれているようです。
そのことがどう音に影響してくるかは分かりませんが、純粋にカッコ良いですね。ですよね。
こんな感じでシアタールームにセッティングしております。
相変わらずどれがメインなのか分からない写真で再び申し訳ございません。
現在は、メーカー様のご厚意で貸し出して頂いているMYTEK DIGITALさんのパワーアンプ「Brooklyn AMP+」を2台使いブリッジ接続してセッティングしております。

セットした瞬間に外出の用事がありましたので、ちゃんとは聴けていないのですが、音を出し始めてすぐに分かったのが音ヌケの良さと超解像度です。B&Wさんらしさをすぐに感じる事が出来ました。
鳴らしこめばもっとこなれてくるのでしょうが、既に良い音です。
解像度は高いのですが、コンティニュアムコーンになってからキリっと立った音の輪郭が滑らかになりナチュラルな音調になったような気がします。
なので、超解像度とはいっても耳なじみが良く、決して乾燥気味の無味無臭ではありません。
フラットなバランスでノリも良い、分析的にではなくストレートに音楽を届けてくれる音。そんな印象をこの「804D4」に持ちました。
音楽を届ける音って意味分かんないですけど、それでも古謝的には「804D4」の音を例えるのに一番しっくりくる表現でした。

そんな、皆が待ち望んだB&Wさんの800シリーズ最新モデル「804D4(B)」の常設展示を開始しております。
お客様一人ひとりにゆとりを持って聴いて頂きたいと思いますので、ご試聴は予約制とさせて頂きます。
ご試聴を希望される方は事前にアバック沖縄店(098-943-9178)へご予約の上、愛聴盤をお持ちになってご来店ください。

それでは宜しくお願い致します。

————————————————————————————————————————
■㈱アバック沖縄店
https://corp.avac.co.jp/contents/shop/okinawa.html
〒900-0004
沖縄県那覇市銘苅323-1 1F
営業時間:AM10:00~PM7:00
定休日:水曜日
メールアドレス:okinawa@avac.co.jp
TEL:098-943-9178
————————————————————————————————————————

関連記事一覧

最新記事